ダーツ 持ち方ひとつでうまくなる?

持ち方に決まりはありませんが、ダーツが上手い人には
共通するダーツの持ち方があります。

まず、全ての基本となる土台となる立ち方をしっかりと固定し
集中して狙いを定めスパッと腕を振ります。

その動きを邪魔しないような感じでそっと指を添えるようにして
持つのです。
そうは言ってもこれが正しい持ち方、というのはありません。
 
ただ、間違っても硬く握り締めたりはしないでください。
力を入れずに楽に投げてもダーツの飛びが良くなるように
するという事がダーツの上達のポイントです。
 
自分にあった持ち方の見つけ方としてお薦めしたいのは、
最初にわしづかみの5本指で投げてみる事です。

そこから邪魔な指を一本ずつ下げていろいろ研究してみましょう。
地味な作業ですが大変分かりやすく納得がいくはずです。
 
自分でこれだ!と感じた持ち方を大事にしてみてそれでも
命中精度が上がらない場合は少々違和感を感じても持ち方を
変更することにより改善する事もあります。

持ちやすいという事イコール投げやすいというわけでもないのです。
体に合った持ち方、フォームにあった持ち方というのを見つけていくと、
ダーツは格段に上達するでしょう。投げる練習をしているうちに
自分の持ち方が決まってくるものです。

本気でダーツを上達したいなら

ワンタン渡部紘士さんのダーツDVDがおすすめです!


ダーツの投げ方・上達動画DVD(ワンタン渡部紘士)