ダーツ グリップで重要な事は?

ダーツのグリップには特に決まりはなく、どんなグリップで
投げても反則にはなりません。
 
様々なグリップで投げるプレイヤーがいますがコントロール
しやすい投げ方というのがあるので紹介します。
 
ダーツのグリップで重要な事はダーツを手から離す瞬間に
どれだけスムーズに手から離すことが出来るかという事です。

指に力をこめすぎても投げづらいし、深く握りすぎても
上手く投げづらいです。
 
ダーツを持つ時には人差し指にダーツを乗せ水平になる
ところを探しそこを親指で上から支え他の指を軽く添えると
持ちやすいです。
 
基本的にはダーツを支える指は2本あれば十分ですが
安定感に欠けるので3本もしくは4本で支えるといいでしょう。
 
よく言われているのは鉛筆の握り方が自然な持ち方で
あるということです。
 
力加減も難しいので落とさない程度に力を加えて毎回
同じ力加減で投げられるように練習するのも重要です。
 
グリップはダーツをリリースする時の最も重要なポイントの
ひとつなので自分が最も安定して投げられるグリップを探して
みて下さい。

グリップの重要なポイントは、ダーツのバランスを崩さない事です。
無理に力を入れずに楽に持ちましょう。

本気でダーツを上達したいなら

ワンタン渡部紘士さんのダーツDVDがおすすめです!


ダーツの投げ方・上達動画DVD(ワンタン渡部紘士)