ダーツボード 種類を知ろう

ダーツボードには大きく分けてブリッスルボード(ハード)と
ソフトティップボードがあり、別名ソフトダーツやデジタルダーツ、
エレクトロニックダーツなどと呼ばれる事も多くこの
ソフトティップボード日本では主流になっているダーツボードです。
 
ソフトティップボードの登場により難解な得点計算が
簡単になったので日本のダーツ人口が飛躍的に増えた
と言われています。

最近ではテレビにつなぐだけで家でもダーツバー感覚で
楽しめるダーツマシンまであります。
 
ダーツバーなどにあるダーツボードはエレクトロニックダーツ
で基本的にソフトティップボードが使用されています。
 
イギリスで生まれたブリッスルボードはハードダーツと
呼ばれ歴史あるダーツボードです。
 
世界的にはブリッスルボードが主流で大会やトーナメント
ではブリッスルボードが使用されています。
 
ブリッスルボードはサイザル麻に10トン以上もの圧力を
かけて作るので耐久性に優れていてダーツの矢先を抜くと
しっかりと復元します。

また、ダーツが刺さる時も吸い込まれるようにスッスッと
刺さるので夜中でも騒音を気にせずに練習出来ます。
 
ソフトティップボードにはハードダーツを使う事は出来ませんが、
ブリッスルボードにはソフトティップのダーツを投げる事も出来ます。

本気でダーツを上達したいなら

ワンタン渡部紘士さんのダーツDVDがおすすめです!


ダーツの投げ方・上達動画DVD(ワンタン渡部紘士)