ダーツレーティング計算方法は?

ゼロワンやクリケットのをして最後に出ている数値があります。
それは今のゲームで平均どれくらい投げていたかが分かる数字です。

これをスタッツといいます。
これを例えば30とか20と数値で表し、その数値からその人の
レーティングが分かるという訳です。
 
レーティングというのはプレイレベル1から24までに分けてあります。
 1~3 ノービスフライト(自動車免許で言う初心者マーク)
 4~6 Cフライト 初心者
 7~9 Bフライト 中級者
 10~12 Aフライト 上級者
 13~15 AAフライト 超上級者
 16以上 トッププレイヤー といった感じです。
 
ゼロワンではダーツ1本あたり何点とっているか(PPDといいます)
でレーティングが計算されます。
 
計算式は レーティング=スタッツ(PPD)×0.6-6 となります。
ですから例えばゼロワンゲームの最後に出てくる数値(スタッツ)
が25点の人のレーティングは25×0.6-6=9となるので Bフライト
になります。
 
クリケットの場合は1ラウンドに何本有効なダーツを入れているか
(MPR)で計算されます。
 
計算式は レーティング=スタッツ(MPR)×5-4.5 となります。
ですからクリケットのスタッツが例えば2.7本の人は
2.7×5-4.5=9となるのでBフライト、となります。

本気でダーツを上達したいなら

ワンタン渡部紘士さんのダーツDVDがおすすめです!


ダーツの投げ方・上達動画DVD(ワンタン渡部紘士)