ダーツ バレルの役割と選び方のポイントは?

ダーツはティップ、バレル、シャフト、フライトの4つの部分
から出来ています。
ダーツバレルは矢の握る部分です。

4つのパーツのうち最も重要なバーツです。
単体で見てもよく分からないパーツですがバレルはダーツ
の飛びを左右する大切なパーツです。
 
バレルはダーツを持つ部分としての役割を果たしますが
重量調節というもう一つの大切な役割を分担しています。
 
選ぶ際のポイントは握る部分なのでしっかりと持ちやすい事、
リリースの時指離れが良い事です。
 
指で握るとしっかりとなじむけれど、指を外すとスッと
離れるようなバレルがいいでしょう。
 
ダーツの重さについてですが、基本的には重い方が
飛行が安定します。
逆に軽いと飛行は安定しませんが細かいコントロー
ルがしやすいです。
 
形はコントロールが安定しない初心者にはトルピートタイプ
と呼ばれる前が太く後ろが細い物がお勧めです。

トルピートタイプですと、リリースの際、力が伝わりやすく
コントロールがしやすいし、前が重くなっているので
重心が分かりやすいのです。
 
バレルは初心者はトルピートタイプで素材はある程度
重みがある真鍮などがお勧めで、中級者やレベルアップ
したい人はストレートタイプで素材は多少軽めの
タングステン合金などがよいでしょう。

本気でダーツを上達したいなら

ワンタン渡部紘士さんのダーツDVDがおすすめです!


ダーツの投げ方・上達動画DVD(ワンタン渡部紘士)