ダーツ フライト形状と役割と選び方?

ダーツのフライトの形状について大きく分けるとPタイプと呼ばれる
スタンダードタイプとXタイプと呼ばれるティアドロップタイプと
Sタイプと呼ばれるスリムタイプに分けられます。
 
Pタイプは正六角形に近い形で山なりのような弧を描いて飛びます。
Xタイプは楕円形に近く涙のような形でPタイプとSタイプの中間の
特性を持ち、Pタイプよりも緩やかな弧を描いて飛びます。
 
Sタイプは細長い正六角形のような形で直線的に飛びます。
他にもハート形をしたフライトなど個性的なものもあります。
 
これらのフライトを自分のダーツの飛ばし方に合わせて
選んでみるといいでしょう。
 
フライトは単純に大きさの違いだけでなく材質も形も
いろいろな物があります。

合成樹脂製(ポリフィルム製)、紙製、フェザー製なども
ありますが現在は合成樹脂製(ポリフィルム製)が主流です。
 
フライトはティップと並んでダメージを受けやすい消耗品
ですので耐久性があることも大事です。
 
フライトの役割はたった一つで軌道を安定させる事で、
これがフライトの唯一で最大の役割です。
 
フライトが大きければ大きい程、空気抵抗を受けますので
ダーツの飛行は安定します。

初めは大きめなフライトを使い、慣れてきたら出来るだけ
早めに小さいフライトにする事がダーツ上達につながるでしょう。

本気でダーツを上達したいなら

ワンタン渡部紘士さんのダーツDVDがおすすめです!


ダーツの投げ方・上達動画DVD(ワンタン渡部紘士)