ダーツ プロテスト合格するには?

プロダーツプレーヤーになるには文部科学省と厚生労働省から
許可を受けている社団法人『日本ダーツ協会』(JDA)の
プロテストに合格し、ライセンスを取得しなければなりません。
 
しかし、日本ではトーナメントの賞金だけで生活できるプロ
というのは非常に少なく、多くはダーツバーなどのスタッフとして
働きながらトーナメントに出ているのが現状だそうです。
 
合格する為には当然の事ながらダーツがものすごく上手で
なければ受かりません。
 
一番いい方法はダーツバーで働きながらダーツを上達させる
という事ではないでしょうか。

お店にもよるとは思いますが、お客様が少ない時間や
開店前、閉店後などに練習させてくれるところもあると聞きます。
 
24時間ダーツと携わっていれば感覚も研ぎ澄まされてきますし、
練習量も確保出来ます。

また、お客様として来ているダーツの達人達から投げ方や
ゲームでの駆け引きのポイントなども教わる事も出来るかもしれません。
 
また、筆記試験もありますのでダーツに関する本を読破し、
実践だけではなく知識としても吸収しなければなりません。
 
プロは様々なトーナメントにも出場しますし、精神的な強さも
必要になってくるでしょう。
 
日頃からダーツに対する意識を高く持ち続けることが大切だと思います。

本気でダーツを上達したいなら

ワンタン渡部紘士さんのダーツDVDがおすすめです!


ダーツの投げ方・上達動画DVD(ワンタン渡部紘士)